セブンセンスマーケティングの支援活動が、静岡新聞 令和2年(2020年)11月15日(日曜日) の新聞記事にて紹介されました。
 
沼津信用金庫が運営する起業家支援拠点施設「ぬましんCOMPASS(コンパス)」にて、現役生(沼津高専の学生)に向けセブンセンスマーケティングの社長である同校OBの宮田社長(29)と卒業生が「若い人材が自分たちにとって良い進路を選択し、社会で活躍するのを後押ししたい。」という想いを基に、キャリアセミナーのイベントが開催されました。
 
講師には、ITベンチャーに勤務している村上祐亮さん(22)を招き、大企業とベンチャー企業との働き方の違いなどの話が行われる中、参加した学生からは「将来のキャリア選択を後悔しないために先輩の体験談が聞けて良かった」との声も。
 
急速にDXが進む中、こういった若い人材への啓蒙は多方面からDX化を支援し未来を創る活動であると思います。

 
 

静岡新聞記事内容PDFはこちら→ 静岡新聞 掲載記事PDF