月間実務経営ニュース 7月号 でセブンセンスグループの「コロナショック下での働き方改革」が紹介されました。
 
14年前からペーパーレスを推進してきた活動に伴い、いち早く会計事務所のテレワーク化を行ってきた内容がロナショック下での働き方改革として注目されております。
コロナショック下において急激に求められている「働き方改革」への一つの答えがここにあります。
 
 

月間実務経営ニュース 7月号 記事内容PDFはこちら→ 月間実務経営ニュース 7月号