資金繰表を利用して損益計算書と同様に企業損益を把握する事ができます。売上高及び営業外収益は収入として、また仕入高・経費・営業外損失(支払利息・割引料)は支出として資金繰表に計上されており、これらの情報を利用する事によって、キャッシュ・フローベース(償却前・引当前利益)による損益を計算することができます。

資金繰表からの損益計算

売上原価の算定

棚卸資産残高の算出

次のように当期の収益状況は、償却前・引当前経常利益として86百万円が予想されます。資金繰表(上期)の中間業績についても、同様に算定できます。

棚卸資産残高の算出

長期借入金の償還能力

予想資金繰表において、長期借入金で年間48百万円の返済が計上されていますが、この償還財源は、上記の当期予想損益計算書にある通り、当期経常利益86百万円が充当されるため、長期借入金の償還財源について問題はないと言えます。

ポイント

月次回収高には、利益及び損失部分が含まれており、利益計上月では利益部分だけ資金の調達があったことになり、損失計上月では損失部分だけ資金不足が発生した事になります。資金繰表の検討にあたっては、損益の発生状況を確認し、資金収支と併せて確認してください。