増加運転資金表

上記の表では、増加運転資金960百万円が発生していますが、この増加運転資金の要因別金額の算出は下記のように行います。

1 売上増加に伴う運転資金増加
月次売上高増(*1)260×(*2)2.250ヵ月=585

2 売上債権回転期間の長期化に伴う運転資金増加
月次売上高(*3)960×(*4)0.320≒307

3 棚卸資産の回転期間の短縮化に伴う運転資金増加
月次売上高960×(*5)▲0.137≒▲132

4 買入債務の回転期間の短縮化に伴う運転資金増加
月次売上高960×(*6)▲0.123≒▲118

5 売上増及び回転期間の長期化に伴う運転資金増加
月次売上高増260×(*7)0.307≒80

増加運転資金=1585+2307+3▲132-4(▲118)+580=958≒960

上記の通り、増加運転資金960百万円のうち、590百万円は売上の増加に伴うものであるため問題ありませんが、2及び4は企業間信用の変化によるものであり、変化の理由を把握することが必要です。