棚卸資産については正確な算出方法がなく、おおむね以下の計算式で残高の推移に異常がないか、どうかの確認にとどまります。

棚卸資産残高の算出

本事例では、各月の棚卸資産の残高は、上記計算式の通りであり、また大きな変動もないため、回転期間の短縮化は企業努力による棚卸資産の圧縮に努めた結果であると考えられます

以上、売上債権回転期間及び買入債務回転期間の変化の理由は、判明しましたが、なぜこのような変更をせざるを得なかったのか、その理由は企業側に説明を求める等して解明していく必要があるでしょう。