1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 住宅手当と残業代

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

住宅手当と残業代

おはようございます。

セブンセンス社会保険労務士法人の

山崎岳彦です。

私からは、労務に関する最新情報や

お役立ち情報、事業主の皆様に

注意していただきたいことなどをお届けします。

今週のテーマは、住宅手当と残業代についてです。

残業代の割増賃金の計算の基礎から

除外される賃金は法律で定められており、

家族手当、通勤手当、別居手当、

子女教育手当、住宅手当、見舞金などの

臨時に支払われる賃金、1か月を超える

期間ごとに支払われる賃金がこれに当たります。

このうち、住宅手当は割増賃金の計算の基礎から

除外できる場合と除外できない場合があり、

賃貸住宅居住者の家賃や住宅ローンの月額に

定率を乗じた額とする場合や、費用を

段階的に区分し、費用が増えるにしたがって

額を多くする場合は除外できる賃金に当たります。

例えば、賃貸住宅居住者の家賃の一定割合を

支給する場合や持家居住者のローン月額の

一定割合を支給する場合、家賃月額5~10万円の

者には2万円、家賃月額10万円を超える者には

3万円を支給することとされているようなものは、

残業代の計算の基礎から除かれます。

これに対して、住宅に要する費用に関わらず

一律に定額で支給される手当などは、

残業代の計算の基礎から除外される

住宅手当には当たりません。

例えば、賃貸住宅居住者には2万円、

持家居住者には1万円を支給する場合、

全員に一律に定額で支給する場合などは、

残業代の計算の基礎に含めなければなりません。

このように、住宅手当という名前で

支給していても割増賃金の計算の基礎に

なる場合がありますので、注意が必要です。

それでは、来週もよろしくお願いいたします。

関連記事