1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 雇用調整助成金、小学校休業等対応助成金

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

雇用調整助成金、小学校休業等対応助成金

おはようございます。

セブンセンス社会保険労務士法人の

山崎岳彦です。

私からは、労務に関する最新情報や

お役立ち情報、事業主の皆様に

注意していただきたいことなどをお届けします。

今週のテーマは、

雇用調整助成金、小学校休業等対応助成金

についてです。

新型コロナウィルスの第7波の流行により、

再び感染者数が急拡大しています。

私も2月に陽性になりましたが、

再度感染しないように先週の土曜日に

3回目のワクチンを接種しました。

今回の第7波の流行により、従業員を

休ませざるを得ない状況に陥る事業所も

あるかと思いますので、雇用調整助成金、

小学校休業等対応助成金について改めて記載します。

雇用調整助成金については、現在は

時短営業などを実施する飲食店を対象とする

地域特例は実施されていませんが、

休業開始月以前3ヶ月の売上高などの

平均が前年同期間、前々年同期間または

3年前同期間と比較して30%以上減少

している場合の業況特例は引き続き

実施されており、事業主は1日当たり

15,000円を上限として実際に支払った

休業手当などの100%を受け取ることができます。

なお、地域特例、業況特例以外の原則的な

措置の受け取ることができる額は1日当たり

9,000円を上限として実際に支払った

休業手当などの90%です。

小学校休業等対応助成金については、

新型コロナウィルス感染症に関する対応として、

臨時休業などをした小学校や保育所などに通う

子どもの世話をする必要がある保護者に

年次有給休暇とは別に有給の休暇を与えた

事業主に、1日当たり9,000円を上限として

事業主が受け取ることができます。

上記の2つの助成金は9月までの延長

となっていますが、以降の延長の有無も

報道などで随時確認してみましょう。

それでは、来週もよろしくお願いいたします。

関連記事