1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 年間報酬の平均で算定基礎届を提出する場合

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

年間報酬の平均で算定基礎届を提出する場合

おはようございます。

セブンセンス社会保険労務士法人の

山崎岳彦です。

私からは、労務に関する最新情報や

お役立ち情報、事業主の皆様に

注意していただきたいことなどをお届けします。

今週のテーマは

年間報酬の平均で算定基礎届を提出する場合

についてです。

先週も述べましたが、算定基礎届は、

9月から翌年8月までの各月の健康保険や

厚生年金保険の保険料を決定するために、

4月、5月、6月に支給された報酬を

平均して算出するものです。

ところが、毎年その時期が繁忙期にあたる

などの事情により、その他の時期と比べて

高額な残業代が支払われるような場合にまで

4月、5月、6月に支給された報酬を

平均して算出すると、仮にその他の時期に

支給された報酬で算出したとすれば

健康保険や厚生年金保険の保険料が

そこまで高額にならなかったということが

起こることがあります。

そのような不当な事態を解消するため、

①4月、5月、6月に支給された報酬額を

平均して算出した額と、前年7月から6月までに

支給された年間報酬額を平均して算定した額

との間に2等級以上の差が生じ、なおかつ

②その2等級以上の差が業務の性質上

例年発生することが見込まれる場合には、

申し出により年間報酬額を平均して

算出することができます。

申し出には、会社が記載する

「年間報酬の平均で算定することの申立書」と

健康保険や厚生年金保険の加入者である

被保険者が「保険者算定申立に係る例年の状況、

標準報酬月額の比較及び被保険者の同意等」

に氏名を記入する必要があります。

不当に高額な社会保険料を負担しないためにも、

毎年の算定時期が繁忙期にあたるような場合は、

年間平均額と比較してみてもよいかもしれません。

それでは、来週もよろしくお願いいたします。

関連記事