1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 算定基礎届

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

算定基礎届

おはようございます。

セブンセンス社会保険労務士法人の山崎岳彦です。

私からは、労務に関する最新情報やお役立ち情報、

事業主の皆様に注意していただきたいことなどを

お届けします。

今週のテーマは算定基礎届についてです。

算定基礎届とは、

健康保険や厚生年金保険の保険料を決定する

基礎となる標準報酬月額が実際に受け取っている

報酬と大きくかけはなれないように、

毎年一回標準報酬月額を決定し直すために

提出する書類のことをいい、

この標準報酬月額の見直しを「算定」といいます。

そして、決定し直された標準報酬月額は、

9月から翌年8月までの各月に適用されます。

算定基礎の対象者は、7月1日の時点で健康保険と

厚生年金保険に加入している被保険者です。

厚生年金保険から脱退する70歳以上、

健康保険から脱退する75歳以上であっても、

働きながら老齢厚生年金を受け取っている場合は、

受け取っている報酬と年金の合計額によっては

年金額が全部または一部停止されることがあり、

その判定のために算定基礎の対象者となります。

ただし、以下に該当する人は対象外となり、

算定基礎届の提出は必要ありません。

①6月1日以降に被保険者となった従業員

②6月30日以前に退職した人

③7月に月額変更届を提出する対象となった人

(「月額変更届」は、昇給などにより変更月以降

3カ月の平均給与と現在の標準報酬月額に

2等級以上の差が発生したときに

標準報酬月額を変更するものです。)

標準報酬月額の算定方法は、4月、5月、6月に

支給された報酬を平均して算出しますが、

賃金支払いの基礎となる日数が17日未満の月が

ある場合は、その月を除いて平均額を算出します。

今年の算定基礎届の提出期間は

7月1日から7月11日までですので、

気をつけましょう。

それでは、来週もよろしくお願いいたします。

関連記事