1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 違法賭博で稼いだ金にも税金がかかる!?

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

違法賭博で稼いだ金にも税金がかかる!?

おはようございます!
セブンセンスグループ(SSG)の徐です。 

今朝はズバッと本題から。

4年近く前の新聞記事です。

「競馬や競輪などでの高額払戻金について
会計検査院が調べたところ、1千万円以上
の「大穴」で当たった金額の8割ほどは
税務申告されていない可能性があることが
わかった。」

https://www.asahi.com/articles/ASLB95FLHLB9UTIL02K.html

競馬・競輪・競艇などなど、高額な払戻金
があっても大半が未申告らしいとのこと…。

会計検査院が公営ギャンブルの主催者に
ヒアリングしたところ、1回1050万円以上の
払い戻しが2015年だけでも530件127億円も
あったとのことで、平均すると、1件当たり
なんと2400万円!

う~む、うらやましい…。

さてさて、公営ギャンブルで得た一定以上
の所得は一時所得や雑所得として申告義務
があることはご存じでしょうか。

国税庁のホームページ中でもバッチリと
書かれています。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/kakuteishinkokukankei/koueikyougi/

記事によれば、2015年分の確定申告で
1000万円以上の一時所得や雑所得を申告
した全国の約1万8200件を調べたところ、

1050万円以上の払戻金を得た人から申告
されたとみられるのは僅か50数件20億円。

つまり、申告の割合は僅か1割弱。
実に9割超の人は無申告という事態です。

でも、逆に考えると、

10人に1人、1割もの人達がギャンブルで
得た金をきちんと申告して納税している
ということで、日本人の納税意識の高さ
に感心します!(^^)!

ちなみに当時国税庁は

「検査結果が正式に公表されておらず、
 コメントできない」

なんてアホなコメント出していました。

課税対象ならきちんと把握できるように
最初から準備しておきなさいよ!

と当たり前のツッコミが入って当然です。

例えば仮想通貨など税務が世の中の実態と
かけ離れて遅れることは多々あります。

世の中のスピードに制度が追い付かない
なんてのは、まあ理解の範疇です。

でも、公営ギャンブルなんて何十年も前
からあるのに、その間その1割しか課税
できていない、ってヒド過ぎですね。

耳も目も疑います。正直者が馬鹿を見る
世の中なんて絶対にアウトです。

ということで、

申告・納税は皆様の善意にお任せします、
とテキトーなことは立場上言えないので、

どんなギャンブルが税務申告の対象となるか、
ささっとお勉強しておきましょう~。

--------------------

以下のギャンブルは【一時所得】として税金
の申告・納税が必要になります。マジメな
皆さんは是非覚えておきましょう!

競馬・競輪・競艇・オートレース
パチンコ・パチスロ
海外カジノ・オンラインカジノ

一時所得には50万円の特別控除があるので、
50万円を超える利益があったら税金がかかります。

利益が50万円以下の場合は申告不要です。

ところで、

「オレ、こないだ麻雀で大勝ちしてさ~!」

こんなケースは??

ムムム、賭けマージャンはそもそも違法です。
違法行為のギャンブルでの価値は税金は・・・?

はい、税金かかります!

違法賭博だろうが何だろうが税務は無関係です。
稼いだら原則として確定申告が必要です。

ま、申告する人はいないと思いますが…。

雀荘の場代を経費として計上して申告ですかね?
賭けマージャンを生活の糧にしている裏プロは
事業所得として申告ですかね?

ちなみに、ギャンブルとは全く関係ないけど、
麻薬の密売人だって収入があって利益があれば
原則は確定申告が必要です。

そしたら、麻薬売上と麻薬仕入れがあって粗利も
きちんと計算できますね!

売り子への裏金は人件費。
麻薬を保管する倉庫は賃借料。
使い物にならない不良品は廃棄損。

ちゃんと弥生会計とかで計算してたりして…笑

ということで、

これって税金かかるの??
どうやって申告するの??

なんて気になった時はSSGにご相談を!

セブンセンスグループ(SSG)には、
税務・労務・法務はもちろん相続や贈与、
遺言に関するプロが多数在籍しています。

いつでもご相談ください!!!

来週もお楽しみに!!

関連記事