1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 事業再構築補助金がまたはじまりますpart3

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

事業再構築補助金がまたはじまりますpart3

おはようございます!
セブンセンスグループの井本です。

今月頭に小1になった長女の
入学式に参加した時の
校長先生の話が

とても覚えやすく

3つの「あ」を大切にしましょう。

という話をしていたのですが、

覚えやすいだけあってか
長女がなんとほぼ全て覚えていました。

大切にしたい3つの「あ」とは

①「あいさつ」と「はい」

②「あそび」と「勉強」

③「ありがとう」と「ごめんなさい」

でした。

③は①に含まれていると思うのですが、、、

というツッコミはさておき、

大人でも大切と分かっていながら

つい疎かになりがちな
人として基本のことを

改めて校長先生に
教えていただきました。

私が学生の時の校長先生のお話は
ほとんど頭に入っておらず、

1つだけなので
すでに小1の長女に並ばれたわけなのですが、

その唯一覚えている話は

「君たちの時間は今の私の時間より
 10倍かそれ以上の価値がある。

 だから、充実した毎日を
 送ってください。」

という言葉です。

その言葉を
いつまでも忘れず
(忘れられず?)

何かあるたびに
勿体ない過ごし方をしていないか

気になってしまうようになりました 笑

だって、時間の使い方が悪いと
10倍損しているわけですから。

充実した毎日を送るために・・・

日々のちょっとした隙間時間に
スパルタンレースの準備をしましょうね!

って、ちがうか~!!!

さて、、、

落ち着きを取り戻して
今日も今日とて
『事業再構築補助金』のお話です。

前回同様、世界の課題を
解決するため新設された

「グーリン成長枠」についてです。

グリーン成長戦略「実行計画」14分野に

掲げられた課題の解決に資する取組みとして
記載があるものに該当し、

2年以上の研究開発・技術開発

又は

従業員の一定割合以上に
対する人材育成をあわせて行うこと

が要求されています。

2050年カーボンニュートラルに伴う
グリーン成長戦略(令和3年6月18日)
https://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/global_warming/ggs/index.html

後者の人材育成に取り組む場合には
「人材育成計画書」を他の必要資料と
合わせて提出する必要があります。

その際、人材育成の体制や
スケジュールなどを
具体的に記載するのですが、

従業員の10%以上が
人材育成を開始する予定の月から
1年間以内に20時間以上の
外部研修を受けるか

専門家を招いたOJT研修を
受けることが必要となります。

その費用や時間を織り込んで
全体の数字の計画を策定するので

これまでよりも
事業計画書の作成において
より難易度が上がることが
予想されます。

また、当然の話になりますが、
2年以上の研究開発・技術開発か

上記のような人材育成を
求めているわけですから

「14分野の解決」と称して

単なる太陽光発電システムの購入などは
該当しませんので気を付けましょうね。

ということで、
第6回の『事業再構築補助金』のご相談は、、、

そうです、セブンセンスにGo!ですね。

さあ、今週も頑張っていきましょう!

関連記事