1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. キャリアアップ助成金正社員化

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

キャリアアップ助成金正社員化

おはようございます。

セブンセンス社会保険労務士法人の山崎岳彦です。

私からは、労務に関する最新情報や

お役立ち情報、事業主の皆様に

注意していただきたいことなどをお届けします。

今週のテーマは、

社労士が取り扱うことの多い助成金のうちの一つ

キャリアアップ助成金正社員化についてです。

キャリアアップ助成金正社員化は、

非正規雇用労働者の企業内での

キャリアアップを促進するため、

正社員化を実施した事業主に対して

助成金を支給する制度です。

キャリアアップ助成金正社員化は、

有期雇用労働者から正社員に転換した場合に

原則として1人につき57万円を、

無期雇用労働者から正社員に転換した場合に

1人につき28万5千円を助成するものです。

(無期雇用労働者から有期雇用労働者へ

転換した場合については、令和4年4月1日以降は

廃止されました。)

このうち、実際に利用されることの多い

有期雇用労働者から正社員への転換は、

①有期契約社員として雇用されてから

6か月以上3年以内の者を

②正社員に転換し、基本給など毎月固定的に

支給している賃金を3%以上上昇させ、②の

前日までに計画期間、管理者、取組などを

記載したキャリアアップ計画書を

管轄のハローワークに提出する必要があります。

また、原則として②の当日までに就業規則に

正社員転換の規定を整備する必要があります。

その他、助成金申請の際には、雇用契約書、

賃金台帳、出勤簿などが必要になります。

このキャリアアップ助成金正社員化については、

10月1日以降に正社員に転換する場合は、

「同一の事業所内の正規雇用労働者に適用される

就業規則が適用されている労働者」とされていた

正社員の定義に、「ただし、賞与または退職金の

制度かつ昇給が適用されている者に限る」という

文言が追加されました。

これにより、就業規則に、原則として

賞与を支給することや昇給が実施されることが

定められていない場合は、支給対象には

ならなくなります。

また、正社員転換前の非正規雇用労働者定義も、

「6か月以上雇用している有期または

無期雇用労働者」から

「賃金の額または計算方法が正社員と異なる

雇用区分の就業規則等の適用を6か月以上受けて

雇用している有期または無期雇用労働者」に

変更されました。

これにより、例えば、基本給、賞与、退職金、

各種手当等については、いずれか一つ以上で

正社員と異なる制度を明示的に定めることなどが

必要になります。

それでは、来週もよろしくお願いいたします。

関連記事