1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 毎年恒例!小規模企業共済加入のススメ

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

毎年恒例!小規模企業共済加入のススメ

おはようございます!
セブンセンスグループ(SSG)の徐です。 

桜が綺麗に咲いていて幸せな気分になりますね!
通勤時の通り道にある小学校の校庭や公園の
桜を眺めながら歩くのがこの季節の楽しみです。

さて、すぐに話題を変えて・・・

【とりあえず】の確定申告は終わりましたが、
もうちょっと税金が安ければいーなー、
なんて今更ながら準備不足に嘆いた方々も
多かったのではないでしょうか?

そこで!

本メルマガでは毎年この時期恒例でお伝え
している【小規模企業共済】について、
今朝もしつこく説明しましょう。

もう知ってるよ!
既に加入済み!!

という方は読む必要ありません。
ゆっくり新聞でも読んでください。

え、何ソレ?
まだ加入してない・・・

という方は必読です!!

---------------------

個人事業主にとって【当たり前】の【節税】
が【小規模企業共済】です。

特徴は3つ。

①国営共済で安心

②所得税・相続税のダブル非課税

③増額減額自由で利益調整可

と、3拍子揃ったとっても使い勝手の良い
個人事業主には加入必然の商品です。

それぞれの特徴について説明します。

①国営共済で安心

小規模企業共済の運営元は国が出資している
独立行政法人です。資本金のほぼ100%である
1兆円を国が出資しています。

つまり、実質的には国営共済。
日本が破綻しない限りは潰れる心配なしです。※

※もちろんリスクはあります。
 ハイパーインフレだとかデノミだとかの危機が
 訪れたら即解約です!日本国が永遠に安全という
 保証はどこにもありません。この場合、受取額は
 目減りしますが、下記②の所得控除を受けた分で
 相殺されることでヨシと考えましょう。

②所得税・相続税のダブル非課税

共済の掛金は月額7万円が上限で、年額84万円
の積立金全額を所得から控除できます。

つまり、掛金が全額経費ということ。
税率の高い人ほどお得です。

そして、この共済の本質は退職金積立制度です。
自営業者はサラリーマンとは違って退職金がない
のが普通ですから、これをなんとか国がでカバー
してあげよう、というのが共済設立の趣旨です。

退職金として受け取れば退職所得控除が使えます
から所得税もお得です。

さらに!死亡退職金として受取る場合は、相続人
1人あたり500万円の相続税非課税枠が使えます。

つまり、この共済積立金は所得税と相続税の
ダブルで非課税という最強の経費なのです。

③増額減額自由で利益調整可

掛金月額は1,000円から7万円までの範囲内で自由
に選択することができます。

そして、増額も減額も自由です。
つまり、【利益調整】に使えるのです。

こんなに自由に増額・減額できる節税商品なんて
この世にそうそう存在するものではありません。

さて、どうでしょうか?
こんなお得な節税商品は徹底的に利用すべきです!

え?分かりづらい??
では最後に計算例を・・・

繰り返しですが、掛金は月額上限7万円だから
年額最大84万円が全て所得控除となります。

税率が40%の人は、これだけで33万円以上の
節税になります。

30年だと、なんと1,000万円超の節税!

30年後に掛金累計の2,520万円を受け取ります。
これは退職金ですから退職所得扱いです。

だから、20年分の退職控除1,500円を引いた
残りの2分の1の510万円だけが課税対象です。

万が一死亡した場合でも、相続人1人あたり
500万円の非課税枠を使います。
妻と子3人なら520万円だけが相続税対象です。

ちなみに、

加入から20年経過すれば解約時の返戻金は
元本保証となりますから安心です。

ちなみにちなみに、

個人事業主に限らず、法人含め中小企業の
オーナー社長は加入することができます。

まとめます。

支払時は全額損金(所得控除)
受取時は退職所得(有利な税制)
所得に応じて利益調整可(オマケ)

これが【小規模企業共済】です。

制度の詳しい内容はコチラ
↓↓↓
https://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/

まだ3月だからゆっくり考えよう~、なんて
思っているとホントにあっという間に年末が
訪れて慌てることになりますよ…。

いつでも何でも対策は早めがベストです!(^^)!

セブンセンスグループ(SSG)には、
税務・労務・法務はもちろん相続や贈与、
遺言に関するプロが多数在籍しています。

いつでもご相談ください!!!

来週もお楽しみに!!

関連記事