1. HOME
  2. メルマガバックナンバー
  3. 敵(税務署)を欺くには味方(税理士)から!?

COLUMN

コラム

メルマガバックナンバー

敵(税務署)を欺くには味方(税理士)から!?

おはようございます!
セブンセンスグループ(SSG)の徐です。 

とりあえずの確定申告シーズンが終わり、
次は3月決算法人の申告シーズンを迎えます。

国税庁の統計資料によれば、日本の会社の
およそ20%弱が3月決算法人となっており、
すると決算・税務申告は5月です。

確定申告シーズンという最繁忙期を終え、
束の間の休息の後にもう一度最繁忙期が
訪れるというのが世の税理士事務所です…。

さて、今からおよそ20年ほど前…。

ワタシが税理士登録をした時に当時のボス
から言われた忘れられない言葉があります。

「おめでとう!
 今日から君はプロだからミスするな!」

この言葉には前提があることを私は後に
なって気づきました。

それは、「お客様との信頼関係」が成立
していることが前提だということです。

そこを素っ飛ばして単にビジネスとして
仕事をすると痛い目に遭うのです・・・

-------------------

こんな事件がありました…。

Yは、税務署勤務時代は長く資産税部門で
相続税を担当、退官後に税理士になりました。

ある日、Yは亡A氏の相続税申告業務を
受任しました。相続人にヒアリングをし、
相続財産の評価を行い、無事に(?)相続税の
申告業務を終えました。

が、実は・・・

Aは多額の海外資産を有していましたが、
税理士Yが作成した相続税申告書には
この海外資産の全てが漏れていました。

後日、税務調査が実施されてこの海外資産
の存在が明るみに出ます。課税漏れとなった
海外資産の総額はなんと3億5000万円…。

海外資産以外にも申告漏れの財産が見つかり、
締めて1億7000万円もの相続税が追徴課税。
相続税本税以外にも重加算税4500万円や
延滞税等が発生することとなりました。

相続人は税理士Yを損害賠償で訴えます。

■Aの相続人の主張

「海外資産については何も調べなくてよい
 と税理士Yから指示を受けました!」

■税理士Yの主張

「私は税理士として、申告に必要な資料を
 全て提出するように言いました!
 そもそも私が相続人らの相続税の隠ぺい
 に加担するメリットはありません!」

さて判決。

東京地裁は、税理士Yに対してなんと1億円
の損害賠償を認めました。

東京高裁では、「亡A氏の相続人は海外資産
の存在を認識していた」として3割の過失相殺
を認め、Y税理士に対して7000万円の損害賠償
を認める判決となりました。

「税理士Yは亡A氏が海外資産を保有する可能性
 が高いことを認識していながら、相続人に対し
 て適切な指示を行わないまま海外資産を除外し
 て申告書を作成提出…。一方で亡X氏の相続人
 は内容の詳細はともかく、亡A氏が海外資産を
 保有していることを知りながら…税理士Yに対
 してこの事実を伝えず…(東京高裁2013.1.24)」
 

・・・・・・
・・・・・・

私たち税理士にとっては非常に怖い判決です。

きっと税理士Yにとって亡A氏は初めましての
お客様だったのでしょう。

相手の事情も人柄もよく分からぬままに何億円
もの大きな相続案件を受任した結果がコレです。

ちなみにYが受領した税務申告報酬は370万円。

依頼者と良好なコミュニケーションが取れぬ
まま、海外資産がありそうだと感じながらも
確認を怠った結果、税理士Yは7000万円もの
損害賠償を食らう羽目になりました。

依頼者(相続人)は、相続税逃れを目的に事情
をよく知らない税理士に依頼して遺産隠し?

税理士は、飛び込み客からの370万円高額報酬に
目が眩んで知らない依頼者から業務を受注?

敵(税務署)を欺くには味方(税理士)から?

私たち税理士がプロとして仕事を全うするには、
お客様との信頼関係の構築が大前提であるという
ことを改めて認識させられる事件です。

そして、若かりし頃のワタシに大切なことを
キッチリと教えてくれたボスに感謝です!(^^)!

セブンセンスグループ(SSG)には、
税務・労務・法務はもちろん、相続や贈与、
遺言に関するプロが多数在籍しています。

いつでもご相談ください!!!

来週もお楽しみに!!

関連記事